メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

教育委員会トップページ > 学校教育 > 指定校変更手続き > 清瀬市立学校の就学校の指定校変更及び区域外就学の承諾基準

清瀬市立学校の就学校の指定校変更及び区域外就学の承諾基準

学校教育法施行令第8条に規定する保護者の申立て及び同施行令第9条の保護者の届け出について各々の承諾基準と手続きを以下のとおり定める。
ただし、この基準は想定される事由を定めたものであり、複合的な事情など個々の事情をよく聞取り判断するものとする。

〈前提要件〉

  1. 承諾する期間は申請年の年度末までとし、更新が必要な場合は年度ごとに申請を要する。(卒業までの期間が2年未満の場合は、卒業まで承諾可能)
  2. 保護者が通学時の安全確保に責任を持てる場合のみとする。
  3. 申請に基づく承諾の可否は教育委員会において決定するものとする。

1 指定校変更願(施行令第8条関係)

市内に住民登録があり、以下のいずれかの理由により居住指定校以外の市立学校への通学を希望する保護者からの申立て「指定校変更願」による申請

承諾事由

1 住居変更

すでに在籍する児童・生徒が市内転居により通学区域に変更が生じる場合

  1. 小学校5、6学生(卒業まで更新可)
  2. 中学生(卒業まで更新可)
  3. 小学1から4年生(当該年度末を限度)

2 住居変更予定(住民票異動前)

住宅の購入、建替え等で市内転居することが確定している場合

3 家庭事情

家庭の事情により住民登録と生活実態が異なる場合

  1. DV被害、借金取立て等で市内に居住実態があるが住民登録のない場合
  2. 保護者に親等の介護の必要があり、住民登録とは別の住宅で生活する場合
  3. ひとり親世帯で祖父母などの住宅から通学する場合
  4. 保護者の就労事情により登下校を保護者以外の住宅から通学しなければならない場合

4 教育的な配慮

いじめ、不登校により指定校の通学では学校生活が困難な状況となる場合

5 通学の安全配慮

指定校への通学が距離、時間、通学上の安全の観点から支障があると認められる場合(小学校のみ)

  1. 清瀬小区域(中里五丁目540から566番地)から第八小への変更
  2. 清明小区域(旭が丘一丁目256から259、611から626番地)から第八小への変更

 

1-2指定校変更(通学区域見直しに伴う緩和措置)

平成25年度からの通学区域の変更に伴い、以下のいずれかの理由により指定校ではなく、変更前の学校への通学を希望する保護者からの申立て「指定校変更願」による申請(変更対象区域は別紙参照)

承諾事由手続き等

1 在学者

平成24年度末の在籍者は引き続き、卒業まで当該校に在籍することができる

申請不要

2 期間(2年間)による緩和措置

平成25、26年度の入学者は、変更前の学校を保護者の判断により選択することができる(卒業まで在籍)

入学時に確認票により選択

  • 小学校
    就学時健康診断時に確認
  • 中学校
    在籍小学校を通じて確認

2学年以降は、卒業まで申請不要

3 兄弟姉妹による緩和措置

保護者の経済的、心理的な負担を考慮して、兄姉が変更前の学校に在学している場合に限り、期間を限定せずに弟妹の入学時に変更前の学校を保護者の判断により選択することができる(卒業まで在籍)

 注:卒業と同年の入学(入れ替り)は不可

入学時に平成25、26年度は、上記2と同様、平成27年度以降の入学時は理由を付して申請

注:兄弟関係において変更前の学校選択が長期化する家庭には、地域との連携が十分図れない等のデメリットがあることを説明した上で保護者に選択を委ねる

4 教育的な配慮

出身小学校からの進学者が少数であり生徒の心理的な影響を考慮して、変更前の中学校への通学を認める

  • 元町二丁目26から28番の区域に在住し、平成24年度末現在、清瀬小学校に在籍する児童の清瀬中学校への進学

平成25から29年度の入学時に確認票により選択(在籍小学校を通じて確認)

注:平成30年度以降は、指定校である第四中へ

変更対象区域

別表

表1(小学校)
対象住所

新通学区域
(平成25年度より)

旧通学区域
(平成24年度まで)

竹丘三丁目10番41から53号、11から14番

第三小学校

第六小学校

竹丘三丁目2番、梅園一丁目4番

梅園一丁目1から3番(旧小児病院ほか)

第七小学校

元町一丁目5から10番

芝山小学校 第十小学校

元町二丁目1番

清瀬小学校

元町二丁目26から28番

表2(中学校)
対象住所

新通学区域
(平成25年度より)

旧通学区域
(平成24年度まで)

元町一丁目5から10番

第四中学校 第五中学校

元町二丁目1番

元町二丁目26から28番

清瀬中学校

野塩四丁目、野塩五丁目全域

第二中学校

中里五丁目1から21、87から110、

1053から1139番地

中里六丁目22から78、129から131、152、161、164、191、195、270、

304から305番地、95番地8から18号

下清戸二丁目567から586、

1111から1421番地

第三中学校 清瀬中学校

下清戸一丁目137から151、288から298、311から371、1176から1181番地

下清戸三丁目1から6、8から15、23から28、31、372から398、909から929番地

第五中学校

2区域外就学(施行令第9条関係)

市内に住民登録がなく、市内の学校への通学を希望する場合、又は市内に住所があり、市外の学校への通学を希望する場合において、以下のいずれかの理由により指定校以外の通学を希望する保護者からの届出「区域外就学願」による申請

承諾事由

1 市外への転出

清瀬市から転出した後も引き続き市内の学校に通学を希望する場合

対象:小学校は6学生、中学校は3年生のみ

2 市外からの転入

清瀬市へ転入した後も引き続き転入前の学校に通学を希望する場合

附則 この基準は平成25年2月1日から施行する。ただし、施行から1年間は保護者への周知期間とし、平成26年度以降の承諾については、厳格化するものとする。

お問い合わせ先

教育総務課学務係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2539
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-3940

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。