メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
校章

トップページ > 学校の紹介 > 校長挨拶

校長挨拶

平成30年度の出発にあたって

校長 岩崎 治彦

 

35名の新入生を加え、全校236名の子どもたちで、清瀬第四小学校の平成30年度の教育活動がスタートしました。

  

将来、この清瀬の地、東京、日本、そして世界を担っていく子どもたち。

未来の世界は全て、子どもたちの胸の中、手の中にあります。どの子どもも、その子にしかない個性があり無限の可能性にあふれています。

この清瀬第四小学校の全ての子どもたちが、美しき武蔵野の面影が色濃く残る豊かな自然に抱かれながら、未来に夢や希望をもち、自分らしさを発揮しながら伸び伸びと成長していけるよう、本校では、全ての教育活動を通じて、豊かに「感じ・気づき」、自ら「学び・高め・広げる」力の育成を図っていきます。

そして、その目指す子どもの姿として以下の教育目標を設定するとともに、子どもたちの行動指針としてモットーを示しています。

《教育目標》

○すなおな明るい元気な子(重点目標)  ○なかよく力を合わせる子

○よく考えやりぬく子          ○自然に親しむ子

 

《モットー》向上心・友情・根性

 
 この教育目標及びモットーの実現を目指し、私たち教職員は、以下の四点を心がけ、教育活動を行ってまいります。

  

○児童に対する深い愛情をもち、保護者の思いを受け止める教師

○明るく元気に児童に向かい、教えるべきことはきちんと教える教師

○児童のよさや可能性を存分に引き出し育てる教師

○向上心をもって自己研さんに励み、自らのよさを積極的に生かす教師