メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
校章

トップページ > 学校の紹介 > 学校長あいさつ

学校長あいさつ

清瀬第七小学校長 富永 大優

「一人でやります。一人でできます。」

  この4月から清瀬第七小学校に着任いたしました富永大優です。本校は、今年度、46歳の誕生日を迎えました。これまで、子供たちや保護者の皆様、地域の皆様、そして、教職員が積み上げてきたこの清瀬第七小学校の歴史と伝統を受け継ぎ、さらに発展させていくことができるよう、全力で取り組んでまいります。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、子供たちが、この一年間で多くのことを学び、大きく成長してほしいと思います。そして、1年後の3月には、「こんなことができるようになったよ!」と胸を張って言えるようになってほしいです。そのために、今年度も引き続き、以下の教育目標を掲げ、教育活動を進めてまいります。

 

○ 健康で強い子  ○ おもいやりのある子  ○ よく考える子

  この教育目標は、いわゆる「知・徳・体」からなっています。私たち教職員は、この教育目標の実現を目指し、「子供たちのよさはなにか」「子供たちにどんなことができるのか」などの問いかけを常にしながら子供たちに接してまいります。そして、一人一人の子供がもつ力を十分に引き出し、発揮できるように日々の指導に取り組んでまいります。
 また、本校では、今年度のスローガンとして「一人でやります。一人でできます。」を掲げています。
 友達と対話しながら共に活動していくには、主体的であることが大切です。また、人のことを思いやったり、よく考えて表現したりするには、まず、自分のことは自分でできることや、自分の考えをしっかりともてることが大切になります。そこで、「一人でやります。一人でできます。」をスローガンとして掲げ、子供たちの主体性を高めていきたいと思います。
 
 保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、今後とも本校の教育活動にご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。