メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
校章

トップページ > 学校の様子 > 平成25年度 > 平成25年度7月 学校の様子

平成25年度7月 学校の様子

7月6日 セーフティ教室

7月6日(土曜日)には、セーフティ教室が行われました。1・2年生は「こんなとき どうする?」と題して、不審者との遭遇など日常生活にひそむ危険から身を守る方法を学びました。3・4年生は、「放課後の過ごし方・お金の使い方」と題して、金銭を巡る様々なトラブルの場面を想定し、自分ならどうするかを考えました。また、5・6年生は「ケータイ教室 被害者や加害者にならないために」と題して、個人情報の守り方、悪質なサイトやメールから自分を守る方法などを学びました。

セーフティ教室1 セーフティ教室2  セーフティ教室3

7月18日 地域協働プログラム「下宿囃子体験教室」最終回

7月16日(木曜日)は、全4回にわたって実施してきた「下宿囃子体験教室」の最終回でした。今日は、演奏するのが難しい「笛」以外は、全て4年生の演奏で、「おかめ」と「ひょっとこ」が踊ります。演奏も踊りもまだまだ未熟ですが、地域に伝わる伝統的なお囃子を地域の子どもたちが演奏し、踊っているのは、何とも素晴しい光景です。まさに手とり足とりご指導いただいた下宿囃子保存会の皆さま、本当にありがとうございました。保存会の増田会長の「一人ひとりが自分の役割を果たすことの大切さを分かってほしい。大きくなってもそれは同じことだから。」金子副会長の「がんばった自分に拍手しよう。」は素敵なお言葉でした。地域の子どもたちを見守り、育てていただける強い味方をもった子どもたちは幸せです。

地域協働プログラム「下宿囃子体験教室」最終回1 地域協働プログラム「下宿囃子体験教室」最終回2

地域協働プログラム「下宿囃子体験教室」最終回3 地域協働プログラム「下宿囃子体験教室」最終回4

7月27日 旭が丘団地夏祭り 吹奏楽クラブ・清明ソーラン出演

7月27日(土曜日)は、毎年恒例となっている旭が丘団地の夏祭りに、本校の吹奏楽クラブと清明ソーランが出演しました。団地広場を取り囲む人・人・人。渋谷市長もお見えになり、会場の盛り上がりも最高潮に達しています。まずは吹奏楽クラブの演奏。吹奏楽クラブは、4月から週3回朝の30分間の練習を積み重ね、演奏技術を高めてきました。今回演奏した「聖者の行進」は、木管・金管楽器のソロも入り聴きごたえ十分でした。続いて清明ソーラン。今年も揃いのTシャツに身を包んだ100名の子どもたちが伸びやかに踊ります。会場には子どもたちの掛け声と、踏み鳴らす足音だけが響き、観衆は息をつめて子どもたちを見つめています。アンコールまで無事踊り終えた子どもたちの清々しい表情がとてもいいです。指導してくださった「みどりの風」の皆さま、練習を支えていただいたサポーターの皆さま、本当にありがとうございました。夏祭りが終わると、学校には本格的な夏休みがやってきます。

吹奏楽クラブ・清明ソーラン出演1 吹奏楽クラブ・清明ソーラン出演2  吹奏楽クラブ・清明ソーラン出演3

吹奏楽クラブ・清明ソーラン出演4 吹奏楽クラブ・清明ソーラン出演5