メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
校章

トップページ > 学校の様子 > 平成25年度 > 平成25年度2月 学校の様子

平成25年度2月 学校の様子

2月8日 大雪の中の漢字検定

2月8日(土曜日)は、本年度第2回目の漢字検定をサタデースクールとして実施しました。今回は98名もの申し込みがありましたので、級ごとに時間を3回に分けて行いました。検定日当日は、天気予報のとおり大雪。「子どもたちは時間どおり学校に来られるかな」と心配しましたが、保護者のみなさまのご協力をいただきながら、予定どおり検定を行うことができました。1年生は初めての漢検チャレンジ。懐かしい卒業生の顔も見られます。いろいろな年代の人たちが同じ場所で漢検に取り組んでいる姿は、なかなかいいものです。和やかな雰囲気の授業もいいけれど、こういう緊張感の漂う場も貴重な経験になります。みんな合格することを願っています。

大雪の中の漢字検定1 大雪の中の漢字検定2 大雪の中の漢字検定3

2月14日 下宿囃子保存会 清瀬市教育委員会表彰受賞

本校でも子どもたちがお世話になっている下宿囃子保存会のみなさんが、教育委員会表彰を受賞されることになり、その表彰式が2月14日(金曜日)に行われました。自分たちが住んでいる地域の伝統芸能や、それを守り伝えていく取組がこのような形で広く皆さんに認められることは、学校としてもとても誇らしい気持ちになります。本当におめでとうございました。そんな下宿囃子保存会のみなさんと共に進めていく「地域協働プログラム」は、これからも本校の特色ある教育活動の柱として、充実・発展をさせていきます。

下宿囃子保存会 清瀬市教育委員会表彰受賞1 下宿囃子保存会 清瀬市教育委員会表彰受賞2 下宿囃子保存会 清瀬市教育委員会表彰受賞3

下宿囃子保存会 清瀬市教育委員会表彰受賞4 下宿囃子保存会 清瀬市教育委員会表彰受賞5

2月18日 清瀬市立第三保育園との交流会(1年生)

2月18日(火曜日)は、来年度本校に入学予定の清瀬市立第三保育園の園児を招いて、交流会を行いました。前半は、保育園児が1年1組の教室を借りて、プチ小学校体験です。「どの席に座ってもいいよ。」と声をかけるのですが、「うーん」と悩む園児たち。様子を見ていると、どうやらどの子も一番前の真ん中に座りたがっている様子。その気持ち、いつまでも忘れないでね。続いて副校長の案内で校舎巡りです。どの部屋に入っても、みんな目がキラキラしています。算数ルームに入れば、「僕、足し算できるよ。早く勉強したい。」との声が。その気持ち、いつまでも忘れないでね。20分休みから3時間目は、1年生と一緒に「昔遊び」で楽しく過ごしました。4月7日の入学式が今から楽しみです。またお会いしましょう。

清瀬市立第三保育園との交流会(1年生)1 清瀬市立第三保育園との交流会(1年生)2

清瀬市立第三保育園との交流会(1年生)3 清瀬市立第三保育園との交流会(1年生)4

2月22日 サタデースクール(クッキング)

2月22日(土曜日)は、本年度最後のサタデースクールが開催されました。囲碁教室の牧野先生、関先生には1年間通してご指導をいただきました。ありがとうございました。
さて、今回のクッキングは、清瀬の郷土料理「うどん」を、うどん作り名人の野島先生をお招きして、教えていただきました。昔から清瀬のお家では、人が集まると自分の家で打ったうどんを振る舞うことがしきたりのようになっていました。うどんが出てくれば「そろそろおしまい」という合図にもなっていたそうです。「地粉」という特別な粉を使って作るうどんは、真っ白ではなく少し色がついています。練って、踏んで、伸ばして、茹でて、結構な重労働です。今日は肉汁うどんにして食べましたが、本当に昔から伝わるのは、鰹出汁と醤油の冷たい「つゆ」につけて食べるのだそうです。味は、讃岐うどんのような弾力のある感じではなく、細いけれど軟らか過ぎず、独特の風味があってとてもおいしかったです。うちたてのうどんですので、茹で加減が本当に難しく、ちょっと茹で過ぎるともう「すいとん」のようになってしまいます。清瀬に住んでいる子どもが清瀬の名人から教わって、自分で打ったうどんを食べる、とても素晴らしい光景でした。

サタデースクール(クッキング)1 サタデースクール(クッキング)2 サタデースクール(クッキング)3

サタデースクール(クッキング)4 サタデースクール(クッキング)5 サタデースクール(クッキング)6