メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
校章

トップページ > 学校の様子 > 平成26年度 > 平成26年度3月 学校の様子

平成26年度3月 学校の様子

3月4日 清瀬第三保育園との交流会(1年生)

 3月4日(水曜日)は、1年生が近くにある清瀬市立第三保育園さんとの交流会を行いました。
今日来てくれたのは、来年度小学校入学を迎える園児たち。つまり保育園では一番のお兄さん、お姉さんたちです。

 「よろしくおねがいしまーす!!」と元気よく挨拶をして入ってきた園児たちですが、清明名物114メートルのうす暗い直線廊下を見て、早くもちょっと不安げな表情…。
とりあえずぐるりと一周、3階まで校舎を回ってみました。途中、6年生や5年生の教室にも入って、だいぶリラックスしてきました。

 さて、お待ちかねの1年1組の教室へ。「好きな場所に座っていいんだよ。」と言ったら、「えーっ、好きなところ!? 」と、大盛り上がり。 
4月には本当にそこに座るかもしれない場所に座ったら、次は、教室からトイレに行って、迷子にならないように教室に戻ってくる練習。
無事、みんな戻ってきました。きれいなトイレで君たちはラッキーだね。

 続いて、この交流会のメインである『1年生とのお遊び会』の会場、あさひルームへ。
一人ひとり手作りのネームプレートをかけてもらって嬉しそう。
1年生が準備した遊びも、けん玉、お手玉、坊主めくり、コマ、そしてなぜかジェンガとバラエティーに富んでいます。
普段は勝負に熱くなる1年生も、この日ばかりは勝っても負けてもニコニコ顔。腰をかがめて、園児と同じ目線で話そうとする姿に感激しました。
 いやあ、成長しましたね。

 園児のみなさん。4月6日の入学式で待っています。2年生と一緒に…。

  • san2
  • san1
  • san4

  • san3
  • san5



3月12日 今年も! 清明のお花畑

 今年も清明小に春のお花畑ができました。
 
 登下校の途中、休み時間には池の周りに子供たちが集まってきます。
これまでは、春になるとなぜか池にたくさんやってきて卵を産むカエルを見るためでしたが、今日は違います。

 「きれい。春が来たって感じがするね。」とじっとお花を見つめながらつぶやく女の子。
皆さんが見ているその花は、全部地域にお住いの坂間さんがくださったものです。
坂間さんはお花農家で、しかも4年生が下宿ビオトープ公園に観察に出かけるときは、講師としてお世話になっている方。
坂間さんは毎年「お花をまた持っていくよ。卒業式に間に合うようにするからね。」とたくさんのお花をくださいます。
今年もパンジーとノースポール、合わせて270ポット!!!  本当にありがとうございます。
 
 早速、花壇と池の周りに花を飾りました。昨日までカエル池だったとは思えないくらいメルヘンチックな池に変わりました。
これで、美しいお花の中で卒業生を送り出すことができそうです。
 毎年、本当にありがとうございます。

  • hana1
  • hana2
  • hana3


3月24日 修了式

 3月24日(火曜日)は、修了式を行いました。
各クラスの代表児童一人一人に、校長先生から修了証が渡されました。
どの子の顔も晴れやかで、まさに、この1年の成長を感じました。

 思えば4月7日。校庭に集まった子供たちは、クラス替えのあった学年があり、また久しぶりの登校ということもあって、
まったくおしゃべり声が止まらず、副校長の平成26年度の第一声は、「いつまでしゃべっているんですか?」という、大変残念なスタートでした。

 それが、今日…。
校長先生のお話の間、おしゃべりをする子は誰もいません。みんなしっかり顔をあげて、お話が聞けています。
このメンバーで歌うことは最後になる校歌も、心をこめて歌えました。

 「学校っていいなぁ」と思う瞬間です。
こうやって、当たり前のようですが、子供たちは1年分、賢く、優しく、たくましくなっていきます。

 保護者のみなさま、地域のみなさまには、本年度も学校の教育活動に際し、
多大なるご理解とご協力をいただきました。心から感謝申し上げます。
 
 明日は卒業式。そして、学校の1年も終わります。

  • syu1
  • syu2



3月25日 卒業式 おめでとう6年生

 3月25日(水曜日)は、澄み渡る春の青空のもと、多くの保護者、ご来賓のみなさまのご列席をいただき、本校第13回の卒業式を行いました。

 8時45分。普段より少しおめかしをした卒業生が次々に登校してきます。
小学校生活最後の「ハレ」の日に、どの子も興奮を隠し切れません。

 10時開式。証書授与の呼名の時には、「本人のエピソードを次の順番の友達が紹介する」という清明スタイル。
「笑顔が素敵な、優しい人です。」「下級生からも尊敬されていました。」「静かに読書をしていた姿が印象的です。」
その子の人柄が表れている素敵なメッセージに、会場が和やかな空気に包まれます。

 そして、いよいよ卒業生の門出の言葉。
「歌声が少し小さいよね。」と練習中から言われていた6年生が、素晴らしい声で校歌を歌っています。
もうそれだけで…。(涙) 
二人の担任は、2年間ともに過ごしたかわいいかわいい子供たちを、万感の思いで見つめているのでしょう。

 最後は、5年生、保護者・地域のみなさま、教職員に見送られて卒業生たちが学校を後にしました。

 64名の心優しい卒業生たちの未来に幸あれ!! 

 学校も1年間の教育活動を無事終えました。みなさまのご理解、ご支援に心から感謝申し上げます。
来年度も清明小学校をどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

  • sotu1
  • sotu7
  • sotu3
  • sotu4
  • sotu5
  • sotu6