メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
校章

トップページ > 学校長挨拶 経営計画

学校長挨拶 経営計画

 本校は昭和22(1947)年5月5日に清瀬村立清瀬中学校として開校しました。昨年創立70周年を迎え、卒業生の数は12,000名を超えています。
 70年の歴史の中で、数多の人材を地域に社会に輩出してきました。先輩教職員、地域・保護者の皆様、並びに卒業生の方々の努力とその成果の数々に心から敬意を払うとともに、感謝の念を禁じ得ません。
 清瀬中学校は、東京都の中北部にある清瀬市のほぼ中央に位置し、市役所や消防署などがある、行政上の中心的な地域にあります。小学校に隣接し、市立郷土博物館も近くにあるなど、文教地域でもあります。緑豊かな自然環境に恵まれ、素直で伸び伸びとした生徒が自慢の学校です。
 また本校は、子どもを心豊かに健やかに、そして賢くする取り組みを、全力で推進している学校です。『手をつなぎ 心をつむぐ みどりの清瀬』という清瀬市のまちづくりの基本方針のもと、保護者・地域の皆様と手を携えて教育活動を推進して参ります。

【石田波郷と本校校歌】
 本校の校歌は、俳人石田波郷氏の作詞によるものです。本ホームページにある校歌(メニュー>学校の紹介>清瀬中学校 校歌の紹介)は、生徒による合唱が聞けるようになっていますので、ぜひお聞きください。
 石田波郷氏は多くの俳句を残しており、本校の校長室には直筆の句が掲げられています。作詞は校歌しかなく、現在残っているのは唯一本校の校歌だけです。それだけ貴重なものであり、大変感謝しています。
 また図書室には、市内在住の方から寄贈していただいた、貴重な石田波郷全集の初版本があります。この全集をはじめとした石田波郷の作品等を、生徒の豊かな感性を育みたいとの願いから、石田波郷コーナーとして開架展示しています。

清瀬市立清瀬中学校
校長 小池雄志郎

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。