メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
校章

トップページ > 学校の様子 > 道徳授業地区公開講座を終えて

道徳授業地区公開講座を終えて

道徳授業地区公開講座 

 10月24日(土曜日)清瀬市教育の日に、本校では道徳授業地区公開講座を開催いたしました。国立極地研究所の御協力のもと、南極観測隊に建築担当として参加した、ミサワホームの坂下さんをお招きして、「自然愛護、畏敬の念」をテーマに3回にわたる南極での体験についてお話しいただきました。様々な写真や動画を通して南極の自然の美しさや厳しさを学んだり(視覚)、南極の氷を入れたコップに水を入れて溶かした時に、弾き出る太古の大気の音を聞いたり(聴覚)、そのにおいをかいだり(嗅覚)南極のブリザードの風速毎秒60mをブロアで再現し、どれほど強い風なのかを体験したり(触覚)、南極についていろいろな角度から学ぶことができました。また、坂下さんの虫歯を外科医と素人の助手によって治療してもらった体験談に代表されるように、隊員全員が各自の役目をしっかりと果たすことはもちろん、専門外のことでも助け合い、協力し合って生活している様子も学べました。道徳的に学ぶことがたくさんあった講演でしたが、「南極観測」と言う仕事の存在を知り、将来の夢や希望につながる進路学習としての側面もある、大変有意義な講演でした。

doutokujyugyou