メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
校章

トップページ > 学校の紹介 > 学校長あいさつ

学校長あいさつ

ようこそ、清瀬市立清瀬第三中学校のホームページへ

 

 平成30年4月、本校第16代校長として着任いたしました、金井 誠です。教職に就いて以来、養護学校(現在の特別支援学校)、ろう学校、中学校、中学校心身障害学級(現在の特別支援学級)、小学校と様々な学校と教育委員会で勤務し、本校が10番目の勤務地です。これまでの多種多様な学校や教育委員会での経験を生かし、取り入れながら、よき伝統を守り、発展させ、生徒、教職員共に互いを認め合い、安心・安全に生活できる学校を築いてまいりたいと思います。ご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 【本校の学校教育目標】

◎人間尊重の精神を基盤とし、希望に満ちた社会をめざす健康で明るく、知性ある人間を育成する。

□ 思いやりのある生徒  □ 自主性ある生徒    □ 協力する生徒

 【キャッチフレーズ】

◎生徒一人一人が輝く三中

 □「思考力」を育てます    □「行動力」を育てます  □「人間力(じんかんりょく)」を育てます

※人間(じんかん)とは、人と人の間の交流、人間関係をつくっていくということ。皆と協力しながら、それぞれがもつ良さを発揮して、課題解決していこうとする関係をつくる。

 【目指す学校像】

 □ 生徒、教職員共に互いを認め合い、安心・安全に生活できる学校

(1) 生徒にとって、いじめや体罰等がない、一人一人が大切にされる、生き生きと学べる学校

(2) 保護者にとって、安心して我が子を任せられる、我が子の良いところを伸ばしてくれる学校

(3) 地域にとって、教育活動が分かる、信頼できる、協力したくなる学校

(4) 教職員にとって、働きがいがある学校

 【目指す生徒像】

(1) 人の気持ちや思いを深く考える力をもった、思いやりのある生徒

(2) 考えたことを行動に移す力や、行動し続ける力をもった、自主性ある生徒

(3) 礼儀正しく、心豊かで、よりよい人間関係を構築しようと、協力する生徒

  本校は、昨年度、これまでの卒業生をはじめ、保護者の皆様、地域の皆様にお力添えをいただき、創立50周年を迎えることができました。この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

 51年目となる本年度は、気持ちも新たに、生徒一人一人が更に輝く学校を目指し、教育活動に取り組んでまいります。保護者の皆様、地域の皆様にも、ご協力をお願いすることが多々あるかと思います。どうぞよろしくお願いいたします。