メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
kiyose4j.png

トップページ > 学校の紹介 > 校章

校章

校章の由来

校章

清瀬の市の木“けやき”の若い双葉を台に“けやき”の幹と大きく張った四本の枝を市章でかたどり、教育目標の創造・温情・実践・健康を象徴し、それらの調和と発展を希求する。

地の点々は“けやき”の巨木を育成する大地であり、無限の可能性を秘めた生徒を意味する。

野塩の里に、真っすぐにそびえ立つ“けやき”の巨木が大地に根を深く張り、大空に思い切り枝・葉を張り、どこまでも伸びよと未来への伸長を祈念する。