メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
kiyose4j.png

トップページ > 主な活動 > 赤ちゃんのチカラ

赤ちゃんのチカラ

赤ちゃんのチカラプロジェクト 

    

  9/12(火曜日)と9/13(水曜日)に、赤ちゃんのチカラプロジェクトがありました。このプロジェクトは、赤ちゃんとの触れ合いを通して、幼い子どもへの愛着をもつことだけではなく、自分が慈しまれていたことや、命の大切さを再認識することを目的として、毎年3年生で行われている授業です。

 はじめに、NPO法人ピッコロの講師の先生から、赤ちゃんの成長についての講義を受け、赤ちゃんの人形を使って抱き方の練習をしました。1学期に家庭科の授業で学習したことを思い出しながら、みんな真剣に取り組んでいました。そのあと、赤ちゃんとお母さん方が入室し、触れ合いの時間となりました。不安と緊張でどう接していいか分からずにとまどっている生徒が多かったのですが、講師の先生方に声をかけられて抱っこをしてみると、生徒たちも赤ちゃんも笑顔になりました。人見知りがあったり、おなかがすいて機嫌が悪かったりして、生徒が抱っこをすると泣いてしまう赤ちゃんもいました。そんな時でも、おもちゃを使ったり、“いないいないばぁ”をしたりして笑わせようとしていました。そんな生徒たちの姿を見て、わたしたちもとても優しい気持ちになりました。

 参加してくださったお母さん方からは、「赤ちゃんにとっても貴重な体験となりました。」という感想が聞かれました。生徒たちは、このプロジェクトを通して、命の大切さを再確認し、親としての子育ての大変さなどを感じていたようです。

 生徒からは、「自分もこうやって育てられてきた」「たくさんの愛情をもらってきた」「両親に感謝」「親にありがとうと言いたい」というような感想が寄せられました。


29akatyan.jpg