清瀬市立小中学校の給食調理業務の民間委託

ページ番号2000211  更新日 2021年12月16日

印刷大きな文字で印刷

清瀬市では、平成11年度から行財政改革の一環として学校給食の調理業務の民間委託を実施しています。
平成11年度には清瀬第二中学校で給食調理業務を民間委託し、その成果を受けて、平成12年度には中学校4校(清瀬中学校、清瀬第三中学校、清瀬第四中学校、清瀬第五中学校)の委託を行いました。中学校の民間業者への委託による給食調理は、衛生面及び労働安全面等適切な管理体制を整え、開始以来安全安心な給食を提供しています。
さらに平成24年度からは小学校への委託を進め、平成24年度に清瀬小学校、芝山小学校、平成27年度に清瀬第三小学校、清瀬第四小学校、平成31年度に清瀬第六小学校の委託を実施しました。
現在、清瀬市の小中学校(小学校9校、中学校5校)は、各学校に調理施設を設置する自校調理方式で給食の調理を行っており、小中学校の10校(小学校5校、中学校5校)で、調理業務を民間業者に委託しています。

民間委託実施の目的

現在、市職員が給食調理を行う小学校は4校あります。
今後、市の行財政改革の方針により、民間業者の有するノウハウを活用して、これまで市職員の調理により培ってきた「安全でおいしい学校給食」のコンセプトを継続しつつ、学校給食調理業務の民間委託を計画的に行います。

委託校の選定及び実施時期について

清瀬市では、学校規模による費用対効果ではなく、学校創立の早い学校より順次、調理業務の民間委託を進めていきます。

委託する業務内容

委託する業務は、調理業務のみです。具体的には、作業工程中の調理、配膳、洗浄、消毒、清掃等の作業です。
献立作成及び食材料の選定・購入は、市及び学校栄養職員で行います。また、調理室の施設・設備の整備についても、市が責任をもって管理を行います。

安全でおいしい給食を提供するために

委託校の安全及び衛生管理面については、教育委員会・学校が責任をもって委託業者を指導します。国の定める「学校給食衛生管理の基準」や、教育委員会の「調理業務等作業基準・安全管理基準」等に基づいて調理します。調理方法は衛生面に配慮し、床をできるだけ濡らさない調理作業(ドライ運用方式)を行います。また、衛生管理の履行状況を学校及び教育委員会が厳しく確認するとともに、多摩小平保健所による立ち入り検査も実施します。

委託業者の選考について

委託業者の選考については、委託する業者を厳正かつ公平に選定する為、保護者と学校関係者、市職員からなる選考委員会を立ち上げ、学校給食の調理に関する企画提案を受けるプロポーザル方式により、委託業者を選考していきます。

民間委託業者に対する評価について

調理委託を実施した学校では、学校ごとに学校関係者(管理職、養護教諭、栄養職員)、保護者の代表、教育委員会職員、委託業者で組織する「学校給食運営協議会」を設置し、学校給食の運営に関する課題について協議・意見交換を行っています。本協議会に課題が出された場合は、関係者間で真摯に検討を重ね、課題の解決に努めています。
学校は年2回、委託業者に対する評価を行い教育委員会へ報告します。教育委員会は、学校からの評価を参考にして翌年度の業者選考を行います。
今後、給食業務の継続性という点は考慮しつつ、一定の業者選定の過程で決定した業者であっても、毎年、見直しを行い、清瀬市の誇る安全でおいしい給食の提供に努めていきたいと思います。

よくある質問と回答

給食調理業務の民間委託について、よくある質問と回答を以下の関連リンクにまとめましたのでご覧ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育総務課学務係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-2539
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-3940
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。